切れ味の持続する高炭素系鋼(規格SK-4)を日本・堺の伝統技法による焼き入れと研磨により丁寧に仕上げました。 これにより、素晴らしい研ぎやすさと刃先角度の持続性を両立させています。この包丁はサビが出ますが、「包丁に出るサビ」は酸化鉄(Fe2O3)で身体には無害です。

【山脇刃物製作所】郷 ペティナイフ 120mm

価格: ¥7,150 (税込)
備考欄(必要時のみ):
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

刃渡:120mm

包丁のお取り扱いのご注意
■錆について
日ごろから錆びないように、使った後は洗剤で軽く洗い、熱い湯でさっと流し、乾いた布で拭いてから包丁差しに立ててしまってください。
長時間使用しない場合は、包丁用油(ない場合はサラダ油でも可)で薄く拭いてからしまうようにしてください。
お料理に使っていなくても、手で触ったままの状態にしているとそこに錆が発生しますのでご注意ください。

■包丁のご使用上の注意
・お料理以外には使わない
・まな板は必ず使用する
・冷凍食品は解凍してから
・骨のある魚は出刃包丁で
・火であぶらない
・水につけたままや、濡れたままにしない
・食器洗い機では洗わない(食洗器専用の包丁は別)

■研ぎについて
刃物は研ぐことによって切れ味が保てます。研ぎ直しの時期は包丁の種類や使用する頻度によって違います。できましたら、砥石もご購入されることをお勧めします。一般家庭では人工の中目砥石(1000番)で十分です。


【企業紹介】
山脇刃物
所在地:〒590-0937 大阪府堺市堺区宿屋町西1丁2番2号
電話番号:072-228-3335

伝統と最新技術の融合

自社の刃付け工場で研ぎ上げられる、妥協なき切れ味と美しさを兼ね備えた支局の和包丁が私たちのプライドです。

長年に渡って多くの包丁専門店の下支えを続けてきたことが、確かなクオリティと本物を見分ける眼力を培いました。

また製造が難しいとされてきた水焼本焼きの手法で創り上げたプロ用の高級料理包丁を一般的に流通させるため、職人の人材育成にも力を入れています。

食文化を守り、技術を伝承する

切れ味は当然のことながら、仕上げの美しさ、柄付けの技術などにも手を抜くことなく、和食を始めとする「食」を支える生活の道具を全世界へ届けたいと思っています。

600年の歴史を持つ伝統工芸品「堺刃物」の名に恥じない技術力を探求し、技の伝承と掘り下げに貢献しながら、これからも堺の高級包丁をリードしていきます。

合言葉は「Knife is Life」

国境を越えて、世界の食文化を支えていきます。

ページトップへ